忍者ブログ
カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

qu-fukko-m.JPGまたの名を「福岡市で最も知名度がない文化財指定された近代建築」、というのは言いすぎでしょうか。
元々は旧制高校の外国人宿舎として西新は西南学院高校のすぐ近くに作られた建物群でした。同じような建物(二階建ての洋館が更に二棟あった、、、らしい)が川沿いにあったのですが、こちらは老朽化によって取り壊され、現在は九州大学西新プラザという名称で学生や同窓生に開放されています。宿泊も出来るそうなので、OB会館のような位置づけと考えて良いと思います。
こちらの建物も、有形文化財に指定されていますが、内部は使いやすいように適宜改修されています。改装の度合いが著しいものですから、国登録文化財かと思ったのですが、市の指定文化財だそうです。こういうやり方でも「あり」なのか、と思わせるのも何なのですが、何はともあれ改修と同時に建物を保存したという試みには敬意を表するほかありません。この調子で、箱崎キャンパスでもちゃんと建物群を保存して貰いたいものです。
PR
shr-hakozaki-m.JPG私が一番最初の会合で作製した「採りあげたい遺産リスト」のなかに入っていたものの、余り資料が見つからない、また執筆予定者からは文章を作りづらい(まとめにくい)という申し出があり、一旦は執筆見送りとなった物件です。新しいように見えるかもしれませんが、昭和ひと桁の立派な近代化遺産です。
しかし、ここからが出版企画の不思議なところなのですが、最終局面に近くなって、
「東区の遺産紹介の部分に何か1頁文章が欲しい、既存のものを増やすか、新しいものを作るかして貰いたい」という話が持ち上がり、それならば、と執筆予定者の方が集めた資料と私の土壇場能力(そんなものがあるかどうかはともかくとして)を用い何とかまとめました。仕上がった原稿については、必要最低限の情報と遺産の見所だけはちゃんと押さえたと思うので、まあまあ満足しています。
個人的には、京都の平安神宮と並び称される昭和の神道系近代土木遺産ではないかと思いますが、ここらへんの判断は、皆様に実際見て貰うことで判定していただきたいと思います。
kyushumatsushita-m.JPGと、書いていますが、そういった項目はございません。こちらの遺産については、所有者の強い要望により、現名称での掲載となりました。全体の体裁を整えるためには、掲載見送りという選択肢も必要だったのかもしれませんが、そうしてはもったいない、きわめて重要な施設であったため、掲載することとなりました。施設の規模・歴史的経緯性含め、ニビシ醤油・渡辺鉄工所・アロー号・貝島邸と同じく今回の出版企画のキラーコンテンツと言えます。これらがなかったら、「福岡はやっぱりスクラップアンドビルドの街だ、近代化遺産はたいしたものが残っていない」と言われても仕方ないでしょう(スクラップアンドビルドの街、と言う点では間違いないとは思いますが)。
この工場のすごいところは、当初作られた施設群が現在、別業界の工場としてほぼ現状のまま使用されていることです。電化製品の会社ですので、工場見学が安易に出来るような所ではないとは思いますが、それでも、見に行きたいところのひとつだと言えます。敢えてそのままの形で居抜き進出に踏み切った当時の松下電器産業の経営陣、そして現在建物を維持管理しているパナソニックコミュニケーシヨンズ株式会社に謹んで敬意を表したいと思います。
b-najima-s.JPG学部生時代から、なんだかんだと通い続けた懐かしい橋梁です。しかも祖父はこの近辺で小さい頃育ったと言うから、祖父-孫の間あき二代にわたる思い入れがある遺産となります。
昭和8年に作られた橋にしては、やたらだだっ広くて片側三車線の幅をとってもまだ歩道の余裕があります。今でも建て替えの話もなく供用に堪えているのは、この幅の広さが影響していると言えます。
まあ、そんな事情はともかくとして、橋詰広場から見るこの橋は非常に優美なものです。さながら欧州の城郭建築にも似た雄大さをもつ、福岡近郊にはなかなか見られない名作品と言えるでしょう。そのこともあり、現在は「土木学会推奨土木遺産」にも認定されています。
fukudai-m.JPG今企画では、戦後初期の建築・土木群を正式に項目に加えることとなりました。ですから、戦後に大規模キャンパスの建築が進んだ福岡大学でも紹介対象が見つかり、こちらの建築を採り上げようと言うことになりました。
私は昨年の学会でこちらの建物をしげしげと眺める機会に恵まれ(大学が近くにあるものの、なかなか用事がないとあえて行く気がしないんです。公務員試験の会場でここが多かったとか、嫌な記憶も多々ありますし)ましたが、改めて見てみると意外と面白い建物です。
部分部分が村野藤吾っぽかったり、今井兼次のようなところもあったり、ヴォーリズ? と思わせるところもあり。それらが全体としては教育施設然としてしまい、なかなか表に出てきません。そういった意味では、もったいない建物です。もう少し建物の設計に関わる経緯を調べてみれば、建物のデザインコードが分かって面白い文章になりそうな、そんな気がしました。
ただ、今回の企画では一応大学史の編纂室の方に文章を書いていただくことにはなったのですが、大学成立史のような文章となったもので、施設の面白さにまで言及するようなものとは成りませんでした。それが吉と出たか凶と出たか。ここあたりは実際に本を手にとってご確認ください。
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.