忍者ブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

a7d354f1.JPG今年もいよいよ終わりに近づきました。皆様にとってこの一年はどのような年だったでしょうか?
わたしは、この本で一年が終わった感があります(困笑)。はてさて、それが良かったのかどうか、それは本の売り上げ次第です、、、いや、私には一銭も入ってきませんが。

さて、今日は大晦日と言うことで、風情のある和風建築と庭園で飾りたいと思います(あ、明日はどうしよう!)。こちら、友泉亭公園です。福岡市民の皆様、、、になるかどうか分かりませんが、多くの方々には紅葉シーズンの都心の観光名所として有名なところかと思います。毎年どこかのテレビ局が中継に訪れるところのひとつとしても知られています。
友泉亭公園の現地案内板には、「黒田藩の別荘」の部分が強調されており、またパンフレットでもその後の友泉亭の歴史については、ある種ぼかしている部分がありますが、現在この公園内にある主屋は、パンフレット曰く「民間」の貝島家別邸として建てられたものとなっています。貝島家は筑豊の三大炭鉱主として有名な一族ですが、この建物は貝島健次の別荘として建てられ、後大辻炭鉱(北九州香月にあった炭鉱)の保養施設として使用されました。
パンフレットのイメージの問題もあるのでしょうか、貝島の「か」の字も記載されていない現状ですが、昨今の伊藤伝右衛門邸ブームから続く「炭鉱遺産巡り」のひとつに是非ともここを加えていただきたい、と個人的に思います。近くに住む住民(九大生含む)にも地域の歴史をより深く感じて頂きたいとおもい、今回紹介いたしました。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
知りませんでした!
2007/12/31(Mon)12:59:52
確かに友泉亭をぐぐっても貝島の「か」の字もでてきませんね。貝島別邸としてアピールすれば、庵田さんがおっしゃるとおりに藤伝右衛門邸ブームから続く「炭鉱遺産巡り」のひとつになるのに…。
私としては是非見ておきたいと思いました。

PS,今年もお世話になりました。来年も宜しくお願いいたします。
ゴン太 編集 RES
Re:知りませんでした!
2008/01/01 02:17
旧年中はお世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。
まあ、ブームに乗れ、と言う気はさらさら無いのですが、せっかく炭鉱遺産巡りという分野が開かれつつあるのに、それにそっぽを向いたままというのも、不満なわけです。
今年あたりに、きっとI澤さんが何とかやってくれると勝手に信じています。
庵田
 
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.