忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

IMG_0364-s.JPG有名すぎる施設となると、どうしても、ひとひねりした写真を載せてしまうのが私の悪いところで、、、まあ、そんなこんなで志免の竪坑櫓です。
余り有名なので、当初から保存が決まっていたと考えるのは、素人の視点(若干分かっている人は、福岡県の近代化遺産報告書と『九州遺産』をご覧下さい)。実は、他の施設より数段保存が難しかった施設だったのです。町議会では解体派が大多数。学芸員が一人保存に向けて戦い始め、町議会議員や一般市民、私あたりまでも巻き込み地域で一大論争を巻き起こしました。
結果遺った施設です。政治的圧力にも、地域の「負の意識」にも負けず、現在もなお、その雄々しき姿を保っていることには、一抹の感慨を禁じ得ません。曾祖父をこの竪坑の入り口付近で喪った私としては、その保存に関して、限りない援助を惜しまないつもりです。学芸員さんがこの事実を知らなかったとしても、私は絶対にこの施設を守っていきたいと思います。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.