忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

oosakasoda-s.JPG堂々と表写真に使用されている写真の建物は、既に大部分が解体されておりちっとも現状の姿を写していないという、いわく付きの工場施設(困笑)。
とはいえ、工場見学につてもなく、いつ壊されるとの情報もなく、私が外側から撮った写真と社史その他資料でひと原稿できてしまいましたという、何ともな話です。この工場は歴史的経緯にももう少し掘り出し物がありそうで、悔いの残る物件でした。
煙突や工場内施設にも気になる部分が数多くあります。工場見学したいなー、でも化学プラントだから、つてがないと無理そうだなあ。

水銀法による苛性ソーダ精製法を確立した工場で、日本の高度成長を支えた施設であり、また水銀中毒による公害問題をも不本意ながら引き起こしてしまった、哀しい過去の原点をも持つ工場でもあります。功罪併せて貴重な文化財として取り扱っていくべきですが、現役工場の宿命か今後建物も気付かれることなく取り毀される危険性が高く、私の意地で今回掲載しました。やっぱり工場見学したいなぁ。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.