忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

nippun-souko-s.JPG私が建築関係のNPO事務として所属する前、建築の大学院生(だったはず)時代にこの工場を見学しました、、、この言い方は適切ではないですね。工場自体は既に稼働を停めていて、白く塗られた6階建ての工場棟がまだあったとき、そのNPOの方に誘われて中を見学する機会に恵まれました。
またその内部というのが、実に「凄い」もので(この様子はいずれ掲載したかった~の方で記載します)、もう取り毀しが確定していただけに実に残念に思えたものでした。
現在見ることが出来る煉瓦造の倉庫棟は、取り毀しに辛うじて遭うことなく現在まで遺されている建物群です。ただし、例の福岡西方沖地震でいくらかのダメージを受けているところもあり、そこあたりちゃんと補修してくれるかどうか、、、若干不安です。
歴史的経緯については割愛(本買って読んでね)しますが、港湾施設とレンガ棟とのコントラストは実に美しいもので、これが小樽ならば、舞鶴ならば、、、と悔やまれる部分の多い佳作です。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
.
2006/11/24(Fri)22:21:39
.
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.