忍者ブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

kyudai-farm-s.JPG新幹線もすべて停車するJR博多駅からたった3駅、原町駅から西に歩いて10分程度にこの光景があります。もちろん、周辺がど田舎、というわけでもありません。若干の田畑はありますが、どちらかといえば都市近郊農業地といえるべき位置にある農場です。
九州大学農学部の成立とともに作られた農場で、現在は周辺が都市化するに伴いだんだん周囲から浮いている状態となっています。大学移転に伴い農場も移設、跡地は新駅の設置と再開発構想が計画されています。そうなると、当然この農場も完全消滅と相成ります。しかし、正門から続く並木道(書籍参照)といい、設立当初から残るいくつもの建物(これも大部分は書籍参照)といい、ここには町中とは別の貴重な時間が流れています。福岡空港から車で10分圏内にあって、しかも伝統的な大規模農業の施設が遺っている景観は、もはや文化財級と言うほかありません。
初稿提出当初は「九州のイーハ・トーヴ」という副題が付いていましたが、編集代表の「わかりにくい」という声からこれはあえなく削除となりました。しかし私個人としては「西の小岩井農場」と称するにふさわしい、すばらしい農村景観であると断言します。何とか保存できないものだろうか、、、。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.