忍者ブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回ブログに話題提供するため、過去の議事録(私が全て記録したんですよ、、、しんどかった、、)を漁ってみましたが、15回も集まってます。
よくもまあ、大人数集めて会議したものです! しかも平均8名くらい集まっているから大したもんですね。
当初はお互いの能力を補完するための勉強会を兼ねての会議だったため、そんな参加人数になったのかもしれません。

それはともあれ、表題の話です。
出版の意を決定してから、私の方からは清水先生の「出版に対する思い」をまとめたメールを一斉送信。この趣旨に賛同してくださった方が約15~20名おり、この方々を一堂に会する委員会を設けることにしました。

第1回『北九州市の近代化遺産(仮称)』編集会議は2005年6月25日に九州国際大学にて行われました。
この時のメンバーは総勢14名。
清水先生の紹介が3名、私の紹介が5名。あとは九州産業考古学会の会員が4名という内訳です。
最終的には総勢23名の共著となったこの本ですが、この初回に集まったメンバーはほぼ全員が執筆しています。
やはり一番気になるところとしては、掲載物件の選定、そのための「近代化遺産」をどう捉えるかといったところでしょう。これについては次回詳しく紹介いたしたいと思います。
第1回会議の方針としては、「地域産業化の象徴として」よりも、「北九州の歴史を語ってくれるものとして」の近代化遺産を紹介していくという大前提が示されました。

戦後復興期まで(大体1960くらいまで)の遺産も掲載するべきかどうか、というところは次回持ち越しになりましたが、まず継続しての編纂委員会を第3土曜日4時から定期的に行うことが確認されました。まずは第一歩といったところです。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.