忍者ブログ
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

meidiyamoji-s.JPG2005年6月頃、清水先生宅で打合せをしました。
「まずこれだけは載せたいリスト」を作るためです。
それ以前に私の方で掲載したい予備候補を選定したときのこと。
門司区エリア内では以下のような順番で候補を出していきました。
・門司港駅
・NTT門司営業所
・大阪商船
・門司税関と並び、次にリストで上がったのが
「明治屋」です。

ジャムの明治屋とか、高級洋物の店という印象で語られますが、この建物は北九州の近代化を語る上では不可欠の施設でした。
西洋から移入されたものは建築や土木という表面上の技術だけでなく、服装、美術、行政体系や用語に到るまで様々な分野でそれまでの中世日本人の生活に大きな影響を与えましたが、食文化はその最たるものでした。
例えば首都圏であれば、横浜あたりの外国人居住地から洋物を手に入れることが出来ます。そこでの生活を基本としているお雇い外国人が製鉄所開設当時の北九州にやってきました。さて、洋服は、洋食はどこで手に入れられるのでしょうか?
ここでのニーズを賄うために、わざわざ進出せざるを得なかったもの、それが明治屋だったのです。これがあると無いとでは、都市の格が違うのです!

建物は総煉瓦造の2階建、ファサードは戦災で被害を受けたため、モルタルで塗り固められてしまいました。ここで見映えが悪くなったことが解体の原因だったのでは、と言われています。
掲載できなかったことが一番残念な建物です。これがあると無いとでは、物語の幅が違うのです。しつこいようですが、とにかく残念です。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.