忍者ブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずは報告から。本日より福岡の主要書店に『福岡の近代化遺産』が並べられるとのこと。もし本屋にお立ち寄りの際はご覧になって下さい。なかったら、、リクエストとかして貰うと私が喜びます(笑)。

「私の編集者のスタンスとして」という前提を付け加えた上で、今回私見を述べさせていただきます。
北九州・福岡と通じて私の考えの中には、「滅失したものについては採り上げない、往時の雰囲気が分からない埋蔵文化財化したものについては掲載を見送る、碑文のみのものなぞもってのほか」という考え方がありました。それは、『北九州の近代化遺産』内では(文体の統一はないにせよ)統一してまとめることが出来ましたが、福岡ではそうも参りませんでした。
たとえば、炭鉱遺跡群として採り上げている部分について、ホッパーや捲上機台座、事務所などの構築物、少し譲ってもせめて基礎構造物レベルが遺っていれば、掲載対象としてもよいかな、と思うのですが、今回全く許し難い「本当に何も遺っていない」執筆内容があり、これには嘆いてしまいました。
また、大日本麦酒=アサヒビールのように取材はしてみたものの、肝心のものが全く取り毀されてしまい(煉瓦工場施設のことです)、それでもご足労頂いた分は何とかして掲載しなければならない、なんて事例もありました。個人的には、あまり面白いことではありません。
考えてみれば、『北九州の近代化遺産』では仮想ライバル(『北九州市の建築』とか、『建築MAP北九州』)と言ったものが厳然として存在していたのですが、今『福岡の近代化遺産』では、その部分の張り合いに欠けているところがあったのかもしれません(作っているときは、そんな意識ありませんでしたが)。
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.