忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

『北九州の近代化遺産』の時も十分気をつけたのですが、今までに出版された書籍で紹介された遺産ばかりを紹介するというのは、さすがに気が引けるものです。既存書籍で紹介している物件に対しては、弁解材料として「ストーリーを重視」、「最新データを含め異なる視点で記述」という御旗を掲げ、ガリガリと記述していきます。
まあ、そう言わないと、執筆者が書いてくれないのです。「~~さんが書いているので、気が引けます」云々。
(私正直九大建築群は、担当したくなかったです。最悪サンドバックに成りかねない対象物件でしたから、、、)
その点、今まで採り上げられていない物件というものは、本当に書きやすいものです。自分が調べただけ、文章内に気兼ねなく(所有者には気を遣いますが)記載できるからです。自然、対象物件を選ぶ際は既往のものよりもマイナー物件を優先してしまいがちです。
採り上げられていない物件というものは、見栄えがしたり歴史的重要性があったりすれば、それはとても本の趣旨に適ったものですが、そうもならないものが多いです。で、あまりにも小品であったり、歴史的意義が薄い(経緯がよく分からないとか)ものとなると、それを載せることにためらいを覚えます。ここら辺、バランスがすこぶる大事です。
結局のところ、私のような編集事務担当がやらなければならない一番大事な仕事は、今まで紹介されていない(日本近代建築総覧や日本の近代土木遺産2800選レベルで)ものをいかに面白く、分かりやすく執筆者と読者に伝えることが出来るか、なのかもしれません。
そして、それが一番、難しいんです!!!
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.