忍者ブログ
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

筑豊の近代化遺産発刊を控え、福岡県近代化遺産紹介シリーズもようやく形になってきたと思います。
『福岡県の近代化遺産』調査報告書発行という絶好の機会があったにもかかわらず、何故か外されてしまいかつ重要性が見た目にも明らかな遺産群を、何とかごり押しで拾い起こすことが出来たことには、とりあえず自画自賛したい、、、と思います。
もちろん、地域資源の掘り起こしはかくあるべき、という好例を見せていただいた北海道新聞社発行の「~の近代建築」シリーズ、また弦書房の果断を導き出した砂田光紀氏著『九州遺産』はじめ、先見の功績には感謝感激いたしたく、ここにリスペクトいたします。これらと片野教授の『北九州市の建築』がなければ、ここまでうまくいかなかったことでしょう。

8月下旬(少し発行期日が延びたらしい、、、)に刊行される『筑豊の近代化遺産』では、(現在の基準では)明らかに加えなければならない遺産も多数掲載予定(と思う、、、とりあえず私が推薦した遺産群が載っていれば)ですので、ご期待下さい。
さて、、、こうなるとあと遺されている地域は、筑後地域のみなんですが、、、、これ、私がやらなきゃならんのですかねぇ? 今のところ、主筆(候補者)は決定しているものの、対象遺産や執筆者が不確定のままなんです。さてどないしましょうか。
私は、、、とりあえず、自分の家から2時間以上離れたところで事務局作業はやりたくないです。出来れば、執筆も、、、と言いたいんですけど、もう既に肥薩線を引き受けちゃったから、言い訳にならんわなぁ。どうしよ。

(以前の書き込みが雑だったため、修正加筆いたしました。2008/07/30)
PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.