忍者ブログ
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
書籍紹介
amazon紹介ページ
最新CM
[07/05 北海道かおりん]
[01/01 けーばら]
[12/30 カプリコ半兵衛]
[12/29 けーばら]
[12/27 けーばら]
プロフィール
HN:
庵田
性別:
男性
職業:
無給NPO理事
趣味:
都市散策、調査研究、写真撮影、マンガ熟読
自己紹介:
高学歴ワーキングプア。生活の糧をどうすべきか毎日模索中。
共著でいくら本を増やしても、それは研究者としての実績にならないそうです。数年前から同じ事言ってますが、雇ってくれるところをただ探すのみです、はい。
バーコード
カウンター
アクセス解析
書籍紹介
『北九州の近代化遺産』&『福岡の近代化遺産』編纂事務局がお贈りする、出版散々回顧録・出版社非公認ブログです。とりあえず、今後の出版企画情報を逐次報告します。
ADMIN | ENTRY
 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今企画では、ずいぶん早い時期に新聞での紹介を受けているので、早速ではありますが評判紹介をしたいと思います。

遺産巡りに役立てて 北九州・筑豊市民団体 ポケット本発刊
(読売新聞:11月18日付)
長弘先生はコメントで、「筑豊や北九州が一体となって観光をPRするきっかけになれば」と述べられています。
今出版企画に先行する形で飯塚では筑豊全体の観光資源を紹介するパンフレットを刊行しており、この発言も地方北九州両地域が共同して地域を売り出す工夫を求めてのことだと思います。
色々な魅力については、本の中で紹介しておりますので、後は行政民間の協力が進めばかなりの資源掘り起こしは出来るのではないかと期待しています。

「近代化遺産100選」刊行 筑豊の「石炭」 北九州の「鉄」紹介 両地域の研究会が合同編集
(西日本新聞:11月17日付)
こちらでは巻末のモデルコースに言及してくださっています。これが一番大変で、、、8月から9月の並行作業で一番泣いたところです。これについては後でまた紹介したいと思います。
西日本新聞の記述でありがたかったところは、世界遺産国内暫定リストにも選ばれている官営八幡製鐵所の誘致の背景には筑豊炭田の存在があったということを紹介しているところです。これがある故に、先日の松原社宅は残しておきたい遺産なのですが、、、。

北九州・筑豊の近代化遺産100選:ポケット判発行 散策15コース紹介
(毎日新聞:11月20日付)
掲載期日こそ遅れていますが、取材日は変わらないように見受けられます。敢えて違いを挙げるとすれば、掲載してある代表的な遺産の紹介が、石炭関連に特化しているところでしょうか。
しかし、両地域を合わせたポケット版刊行の要望、、、、って本当にあったのでしょうか? 確かに北九州の近代化遺産ではポケット版刊行の希望がアマゾンでも書かれていたのですが。

PR
COMMENT
お名前 タイトル
URL コメント
メールアドレス
パスワード
TRACKBACK
TRACKBACK URL : 
忍者ブログ[PR]
"庵田" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.